2010年南アフリカW杯の公式マークについて

2010 FIFAワールドカップは、2010年6月11日から7月11日にかけて、南アフリカで開催された第19回目のFIFAワールドカップです。

今日は、2010年南アフリカ杯の公式マークについて、詳しく紹介したい。

2010年南アフリカ杯の公式ポスターの写真イメージはこちら↓

上記の写真は2010年南アフリカW杯のポスターです。このポスターは、太陽の暖かさ、エネルギー、そして生命を象徴する明るい黄色の背景を特徴としています。

主なのイラストはアフリカ大陸の形を基づいて進化したものです。人物の主な色はアフリカの肌色の黒です。

詳しく見ると、黒い人物イラストの周りが赤、黄、緑、白で、これも南アフリカの旗の5つの色を構成します。

南アフリカの国旗から見ると、赤は過去の対立の中で流された血、青は空と二つの海、緑は南アフリカで欠かせない農場と自然、黄は南アフリカで産出される金に代表される天然資源、黒は南アフリカの黒人の国民、と同時に他のアフリカ諸国とのつながり、白は南アフリカの白人の国民、と同時に平和を、それぞれ示していると言われています。