2018年ロシアW杯の公式ロゴについて

今年の夏で人々に注目される国際試合といえば、もちろんはロシアの地で開催する2018年ロシアW杯のことでしょう。

では、 2018年ロシアW杯の公式ロゴについて、公式ロゴのデザイン、色合わせ、コンセプトなど皆様は知ってますか?

今回は、2018年ロシアW杯の公式ロゴについて詳しく紹介したいです。FIFAワールドカップ、FIFAワールドカップの周辺にご興味がある方は是非ご覧ください。

まずは、FIFAワールドカップについて、簡単に紹介します。

FIFAワールドカップは、国際サッカー連盟(FIFA)が主催して、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベントです。

FIFAワールドカップのロゴは歴代のFIFAワールドカップに欠かせないものです。FIFAワールドカップのロゴのデザインは大会の主なテーマ、会場、イベントの時間、開催国(地域)など、国家の要素とスポーツの旨を反映する必要があります。

2018年ロシアW杯の公式ロゴは赤を基調とし、黒、青、ゴールドでW杯トロフィーをデザイン。ロシアの宇宙開発や、歴史的な美術などをテーマにしています。

ロシア国旗の色の意味が同じで、赤は愛と勇気の大ロシア人を表わしています。青は名誉と純潔性の小ロシア人を象徴しています。

2018年ロシアW杯の公式ロゴは日本代表 ユニフォーム、ドイツ代表 ユニフォームなどの代表 ユニフォームの袖部分に織りワッペン縫い付けられます。