2010年南アフリカW杯の公式マークについて

2010 FIFAワールドカップは、2010年6月11日から7月11日にかけて、南アフリカで開催された第19回目のFIFAワールドカップです。

今日は、2010年南アフリカ杯の公式マークについて、詳しく紹介したい。

2010年南アフリカ杯の公式ポスターの写真イメージはこちら↓

上記の写真は2010年南アフリカW杯のポスターです。このポスターは、太陽の暖かさ、エネルギー、そして生命を象徴する明るい黄色の背景を特徴としています。

主なのイラストはアフリカ大陸の形を基づいて進化したものです。人物の主な色はアフリカの肌色の黒です。

詳しく見ると、黒い人物イラストの周りが赤、黄、緑、白で、これも南アフリカの旗の5つの色を構成します。

南アフリカの国旗から見ると、赤は過去の対立の中で流された血、青は空と二つの海、緑は南アフリカで欠かせない農場と自然、黄は南アフリカで産出される金に代表される天然資源、黒は南アフリカの黒人の国民、と同時に他のアフリカ諸国とのつながり、白は南アフリカの白人の国民、と同時に平和を、それぞれ示していると言われています。

2014年ブラジルW杯の公式ロゴについて

2014 FIFAワールドカップは、2014年6月12日から7月13日にかけて、ブラジルで開催された第20回目のFIFAワールドカップです。2014ブラジル大会スローガンは、“All in one rhythm”(すべてをひとつのリズムに)です。

今日は、2014年ブラジル杯の公式ロゴについて、詳しく紹介したい。

2010年7月8日、大会の公式マーク「インスピレーション」が発表されました。マークはブラジルの国旗の色である「緑と黄色」で「3つの手」を構成し、これをFIFAワールドカップトロフィーの形に見立て「歓迎の気持ち」を表現しています。中心には「2014年」が脈打つような躍動感に満ちた鮮やかな赤が印象的ですね。

ブラジルの国旗の色である緑はブラジルの森林、黄色は金・鉱物資源を表しています。

2018年ロシアW杯の公式ロゴについて

今年の夏で人々に注目される国際試合といえば、もちろんはロシアの地で開催する2018年ロシアW杯のことでしょう。

では、 2018年ロシアW杯の公式ロゴについて、公式ロゴのデザイン、色合わせ、コンセプトなど皆様は知ってますか?

今回は、2018年ロシアW杯の公式ロゴについて詳しく紹介したいです。FIFAワールドカップ、FIFAワールドカップの周辺にご興味がある方は是非ご覧ください。

まずは、FIFAワールドカップについて、簡単に紹介します。

FIFAワールドカップは、国際サッカー連盟(FIFA)が主催して、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベントです。

FIFAワールドカップのロゴは歴代のFIFAワールドカップに欠かせないものです。FIFAワールドカップのロゴのデザインは大会の主なテーマ、会場、イベントの時間、開催国(地域)など、国家の要素とスポーツの旨を反映する必要があります。

2018年ロシアW杯の公式ロゴは赤を基調とし、黒、青、ゴールドでW杯トロフィーをデザイン。ロシアの宇宙開発や、歴史的な美術などをテーマにしています。

ロシア国旗の色の意味が同じで、赤は愛と勇気の大ロシア人を表わしています。青は名誉と純潔性の小ロシア人を象徴しています。

2018年ロシアW杯の公式ロゴは日本代表 ユニフォーム、ドイツ代表 ユニフォームなどの代表 ユニフォームの袖部分に織りワッペン縫い付けられます。