2006年ドイツW杯公式ロゴについて

2006年FIFAワールドカップは第18回ワールドカップ大会です。 2006年6月9日から7月9日までドイツ国内12つのスタジアムで行われました。 これは1974年以来、ドイツで2度目開催されワールドカップです。これも1998年後ワールドカップヨーロッパで開催された2度目です。

次は、2006年ドイツ W杯ロゴを詳しく紹介します。

イメージ写真を御覧ください~

2006年ドイツW杯公式ロゴデザインコンセプトは”W杯中の笑顔”です。ロゴパターンは、タイタンカップの周り3つの笑顔、熱情ある、活気ある笑顔に囲まれており、2006年ドイツワールドカップは世の中の友人達が笑いて集まって、ドイツへようこその意味と表現しております。 サッカー試合は競争だけでなく、楽しみと情熱、スポーツです。

2006年ドイツW杯公式ロゴはドイツへようこそ意味を十分に表現された。FIFA組織委員会フェイ・ラッドマン副委員長は、「ドイツW杯公式ロゴは、2006年ワールドカップが欧州の中心に世界友人を招き、世界に笑いをもたらすためにワールドカップに参加するという我々の全体的なビジョンを表している」と語った。

主催国ドイツは世の中の友人を招待したい、ドイツと一緒にFIFAW杯サッカーイベイドを楽しみに、サッカー運動の魅力を感じさせ、世界友人達と親しむになりたいと言う想いを表現。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です